知財戦略、特許、実用新案登録、意匠登録、商標登録をトータルサポート

特許庁の支援制度

 

特許庁の支援制度を活用しましょう!

料金の減額制度

 特許を受けるためには、特許出願した後に、別途特許庁に審査を請求しなくてはなりません。これを出願審査請求といいます。出願審査請求をしなければ、出願が公開されただけで終わってしまいます。
 審査請求には、通常、20万円程度の審査請求料を特許庁に納める必要があります。しかし、所定の条件を満たす企業、法人には、減免制度が適用され、3分の1に減額される場合があります。
 また、特許になった後には、登録費用かかかります。この登録料も1~3年分について減額される場合があります。

早期審査制度

 審査では、最初の審査結果の通知まで11か月程度かかります。しかし、既に実施している場合や、ライセンス契約のために早く権利化したい場合など、早期権利化が望まれる場合が少なくありません。そこで、早期審査制度がございます。早期審査を請求すれば、早ければ1か月程度で、最初の審査結果が通知されます。

 弊所では、上記の制度を活用ができるかどうかについても検討致します。
 上記制度の詳細については、弊所にご相談いただくか、以下の特許庁のWebページをご参照下さい。ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.jpo.go.jp/torikumi/chushou/pdf/chusyo_venture_guide/p1_p10.pdf

中小企業支援制度 特許庁の支援制度

 

 


 

無料相談実施中! まずはお気軽にお問い合わせ下さい!


無料相談実施中!詳しくはこちらをクリック!