知財戦略、特許、実用新案登録、意匠登録、商標登録をトータルサポート

商標

 

私たちの周りにある商品やサービスには、様々なマークが使用されています。
そして、私たちは、商品やサービスに使用されているマークを通して、その商品やサービスの出所や品質を確認しています。

このように、事業者が自己の取り扱う商品・サービス(役務)を他人の商品・役務と区別するためにその商品・サービスに使用するマーク(標識)を「商標」といいます。

商標のうち、商品の名称などを表示するものを商品商標(「トレードマーク」(trademark、TM、™)といい、サービス(役務)を表示する商標を役務商標(「サービスマーク」(service mark, SM)といいます。
企業の名称(商号)なども、商品または役務について使用する限り、登録をすることにより保護されます。

このような標識のうち、商標登録することができるのは、「文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合」に限られています。登録される商標は、必ず視覚によって確認できることが必要であり、音声、味、においなどは商標登録することができません。(米国のように、においや音声を保護対象とする国もあります。)

登録される商標の種類

(1)文字商標

文字のみからなる商標。
その文字商標が、特定の意味を有するか否かは問いません。

例えば、

八田国際特許業務法人


(2)図形商標

写実的なものから図案化したもの、幾何学的模様等の図形のみから構成される商標。

例えば、

 図形商標

(3)記号商標

暖簾記号、文字を図案化し組み合わせた(モノグラム化した)記号、記号的な紋章。

例えば、

記号商標

(4)立体商標

商標を立体化したもの、包装容器のように容器自体を特殊な形状にして商標として使用するもの、実在または架空の人物、動物等を人形のように立体化したものなど。

例えば、マスコット人形・商品や容器の形状などは立体商標です。

(5)結合商標

文字・図形・記号・立体の商標を組み合わせた商標です。

例えば、

結合商標結合商標3


↓商標に関する詳しい内容はこちらをクリック↓

 

商品役務の区分 登録を受けるには
登録手続きの流れ

 


 

無料相談実施中! まずはお気軽にお問い合わせ下さい!


無料相談実施中!詳しくはこちらをクリック!